Visual Bookmarks - 普通の日々をカメラで記録

デジカメとスマホ、時々銀塩 と、割りと節操ない感じで日々を切り取ってお伝えします。

RX100M3の速写ストラップに悩む

SONY RX100M3を購入して早一年、いつでも持ち出せるコンパクトなボディなのでカバンに放り込んでほぼ毎日持ち歩いている。

 

技術者が苦労して小型化してくれている機種ということもあり、ストラップを付けていない。

が、やっぱり不便だ。

特に取り出す際には細心の注意が必要で、ロードバイクに乗っている時など割と大変な思いをしている。

 

結局、背は腹に変えられぬ と新たにストラップを購入することに決めた。

 

新調するからには、今持っているストラップとは違うタイプで・・・ということで、速写ストラップに絞って検討を行った。

 

Google先生に尋ねたところ、速写ストラップは大きく分けて以下の2つのタイプがあるらしい。

① スライダータイプ(BLACKRAPID)

② ストラップ伸縮タイプ(NINJA STRAP)

 

正直なところ何が違うのか良くわからないので、新宿のヨドバシカメラビックロでとっかえひっかえ製品を試してみる事に。

検討にあたり重視しているのは、

・速写しやすい

・カメラが暴れない(身体に密着させやすい)

・肩が凝らな・・・さそう

という3点で、試着し比較した上で「① スライダータイプ」を購入することにした。

 

ストラップ伸縮タイプも捨てがたいが、RX100M3の吊り輪を取り付ける部分がガラケーのそれのような形状をしており 『カメラ-アダプター-速写ストラップ』 となってしまい、どうにもスマートではないように見える。

 

スライダータイプで一番有名で売れている商品がBLACKRAPIDのようで、ビックロの店員さんにもお勧めされた。

造りも丁寧な印象を受けたので(お値段もそれなりだから当然かも)、購入と相成った。

 

 

購入した商品は、「BRACKRAPID クロスショットブリーズ(黒)」だ。

f:id:m2o-email:20180331202433j:plain

f:id:m2o-email:20180331202449j:plain

 

ちなみに、対抗馬はこの製品。

ストラップ幅がいくつかあるため持っているカメラにあわせて選択したい。

diagnl カメラストラップ  Ninja Strap テープ幅 25mm Black 513943
 

 

 

早速取り付けてみる。

 三脚穴を利用する取り付け金具は、このロック機能付きカラビナでストラップに接続される。

f:id:m2o-email:20180331202502j:plain

f:id:m2o-email:20180331202730j:plain

カメラに対しややストラップが大きいか・・・むぅ。

いや、しかし三脚穴に金具を取り付けるだけでほかのカメラでも使えるので、汎用性の面ではアリだと思う。

と、いうわけで F3に付けてみる。

 f:id:m2o-email:20180331202610j:plain

・・・アリやわ、ただでさえ重いF3だが 肩パッドが柔らかく面で重さを分散してくれるので軽く感じる。

ちなみにF3だが、ネガフィルムのSUPERIA X-TRAを入れたら途端に持ち出さなくなった・・・このご時勢、特別感のあるポジだとここぞと言う時に出番があるが 汎用フィルムだと「RX100M3でいいや」となってしまう。

ランニングコストが原因なんだけどね!

ただ、ケチなだけかもしれないんだけどね!!

 

気分が乗ってきたので、スナップ機のX-Pro1にも装着! 

f:id:m2o-email:20180331202627j:plain

・・・ちょっと見た目的に微妙。

まぁ、撮影スタイルを考えると スナップを撮るときは手持ちしているのであまりこのセットの意味はないかもしれない。

まァ、デザイン重視の機種であることは否めないので おとなしくARTISAN&ARTISTのままでいこう。

 

いっそ手持ちのカメラすべてで試したくなり、親父の形見(まだ元気に存命中)のOM-1とD5100へも装着。

f:id:m2o-email:20180331202647j:plain

これはこれでOKと思う。

ただ、逆さにぶら下がるレトロフイルムカメラ機はややシュールだ。

f:id:m2o-email:20180331202705j:plain

こちらは可もなく不可もなく。

近代的なカメラには普通に似合うようだ。

 

さて、早速RX100M3をぶら下げてロードバイクで70km程走っては撮り走っては撮りを繰り返してみる。

 

バックポケットにカメラがスッポリ入るので、長距離移動中はバックポケット 撮って走りする時はぶら下げて と使い分けている。

肩パットが秀逸で、このように肩の形にピタリと沿うので重量が分散されて疲れにくいのが良い。

f:id:m2o-email:20180331202533j:plain

  

 

取り出すのが面倒で、撮るのを諦めたことも一度や二度ではない。

同じシャッターチャンスは二度とないので、良い写真が取れる機械が増えてうれしい。

何気にストレスに感じていたところなので、開放されていい気分だ。

 

ストラップの割りに高い買い物だったが、大満足だ。

しばらくはストラップで悩まなくてすみそうだ。

どんどん持ち歩こう。

f:id:m2o-email:20180331202722j:plain