読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Visual Bookmarks - 普通の日々をカメラで記録

デジカメとスマホ、時々銀塩 と、割りと節操ない感じで日々を切り取ってお伝えします。

FY16 Summer snap

前回に続き、がっつり残っているPROVIAを使おうと京都鞍馬~貴船と栃木県戦場ヶ原に散策に出掛けた。

まぁ、散策と言うかActivityの領域だと思う。

普段、企業戦士としてPCと電卓、電話で戦っている出不精な営業の身ではとても負荷が高かった・・・きつー。

 

f:id:m2o-email:20170219211556j:plain

 そう言えば、この天狗の鼻が折れて修復中ならぬ治療中らしい。

長すぎて鼻っ柱が折れるとは・・・身に覚えはないですが、肝に命じます!

 

f:id:m2o-email:20170219122635j:plain

f:id:m2o-email:20170219122536j:plain

f:id:m2o-email:20170219122546j:plain

f:id:m2o-email:20170219122554j:plain

f:id:m2o-email:20170219122608j:plain

f:id:m2o-email:20170219122620j:plain

 この日はX-Pro1も持っていってたが、やっぱ楽ですわミラーレス&ズーム。

 

でも、空気感はリバーサルなんだよなぁ・・・ハッキリ写り過ぎないラフさが良いのか?

お見せできなくて残念ですが、フォトルーペで生フイルムを光を通して見ると全く受けるインパクトが違う。

 

さっくりと山越えをして(涙、貴船神社へ。

 

f:id:m2o-email:20170219211657j:plain

さすがPROVIAでございます、真夏でも涼しげな貴船がしっとりとした感じで撮れている。

 

f:id:m2o-email:20170219211730j:plain

川床、こう見えて超豪華なお値段設定で 初見だとブッ飛びます。

たまに学生のカップルが川床に降りて行くのを見るが、価格設定を知った上での事なのか気になる。

何せ入り口にはメニューが掲げられていても、値段は書いていない。

ばりばりの京都仕様なもんで。

 

散々歩いたので、祇園小森でかき氷頬張って糖分と冷気吸収。

 

f:id:m2o-email:20170221004256j:plain

京都の夏はマジで人を殺しにかかっていると思う。

 

 

続いて栃木県は奥日光、戦場ヶ原。

もう8月も終盤になると日光はやや落ち着いた雰囲気になってきている。 f:id:m2o-email:20170219193024j:plain

 

こちらは複数家族によるハイキング的な感じで、がっつり休日パパモードで子供と奥様方の撮影がメイン。

まぁ、好きでやってるんだけどね~。

 

行程のほとんどが歩きやすい木道とは言え、多数の鳥屋の方々がバズーカ砲のような大筒に重量級三脚で苦行に励んでおられました。

 

人のコトは言えた身ではありませんが、業の深い趣味ですな・・・お疲れ様ですッ!

宇都宮 宮祭りのスナップ撮影

幾分前の話・・・急に一日暇ができることが分かり、熟考に熟考を重ねた結果、去年あまり撮る時間が取れなかった宇都宮宮祭りをスナップする事にした。

 

f:id:m2o-email:20170219192001j:plain

ただ、考えすぎて当日朝から起きれず 半端に昼過ぎのスタートになってしまったのは痛い。

朝は各自治体の山車の準備や子供達が緊張しながら出番を待つ姿が見れたのに・・・むぅ。

 

宇都宮の繁華街?の一つ、ユニオン通りの端にある行きつけの中華屋でコッテリ気味のブランチを摂って、駅前のヨドバシカメラでフイルムを調達してからスナップ開始とした。

今回は、PROVIAを使ってみたくなり リバーサルということに一抹の不安を感じるも購入。

1本 1,350円也-。

もはや売ってくれているだけでもありがたいが、やはり財布へのインパクトは結構大きいな。

オリオン通り東武宇都宮からまっすぐ突き抜け端で折り返し駅前大通で二荒山神社を越えて東武宇都宮までのルートとした。

 

f:id:m2o-email:20170219191602j:plain

やはりデジカメ世代にフイルムカメラは厳しい・・・夕方に差し掛かってきて薄暗い為、どんどんシャッタースピードが落ちる落ちる。

 

f:id:m2o-email:20170219191623j:plain

リバーサルだから外れた露出で撮ろうものなら高いフイルムを無駄にするだけと、変な緊張で手汗が凄い。(笑

F3の超中央部重点採光は信頼してるので、後は撮り手次第なところもフイルム機は厳しい・・・。

 

f:id:m2o-email:20170219192145j:plain

 

でも、やはりフイルムは良い。

その場の雰囲気を見事に切り取っている感じが好きだ。

気まぐれに始めたフイルム撮影だが、辞めるのが惜しい魔力があるから抜けられない。

 

 

結局、ミスショット入れても5枚しか撮らなかった、というか撮れなかった・・・あれー?

 

やっぱり、まだまだ修行が足らないなと痛感致しました!